利他村だより

このエントリーをはてなブックマークに追加
活動やイベント報告です
facebookページもご覧ください

ブログ一覧

新年会:美味しいお餅が出来ました

 きな粉と小豆と海苔巻きをつくり「作りたてのお餅は格別美味しい!」と大満足でした。

 お餅を食べたあとは地元の農家さんから頂いたイノシシ肉でのぼたん鍋料理もお変わり自由で堪能した新年食事会でした

 食後の「今年のダーチャの取り組みについてのミーティング」ではウクライナや中台有事など不安定な世界になっていますし自然災害も多発していますので今年からは「食糧危機」を前提に「食の備蓄」に視点を合わせた取り組みをしようと話合いをしました。

少し雪景色のクリスマス昼食会でした

 冬は利他村ダーチャの作業はお休みで、雪景気の中でクリスマスツリーと暖炉を囲んでのクリスマス昼食会を楽しみました。

 ダーチャのお昼でピザを焼いてくれている彰さんが二日がかりで作ったクリスマスコース料理に舌鼓を打ちながらの楽しい昼食会になりました。。

 皆さん「これは玄人に負けないよ!」と美味しさに大満足!、文句なしの仲間が認めた「利他村シェフ」の誕生です

 農業仲間の山中さんから「無農薬・無肥料で手植えで天日干しのお米つくり」を一人で3反作っているとの話にもびっくり!来年は利他村でも挑戦だ!と盛り上がったクリスマス昼食会でした。

「手作りこんにゃく」はマグロの刺身のようだった!

 今年の「こんにゃく芋」の3年ものは一個で3キロから4キロと成長が良く、その日は男性陣が第一農園で畑仕事をしている合間に、女性陣が地元の大上さんに指導を頂きながらの「手づくりこんにゃく」に挑戦しました。

 約4.5キロのこんにゃく芋で作りたての「こんにゃく」はさすが市販のものとは大違いでわさびと醤油をつけ頂くとまるで「マグロの刺身」のようだと大はしゃぎ!参加メンバーそれぞれ食べきれないほどのお持ち帰りとなりました

美味しい天日干し有機利他村米が出来ました。

天候に恵まれた10月第一日曜日に脱穀をし、第三日曜日に籾すりと小石取りをして今年は昨年より60キロ増しの約400キロの豊作にメンバーの自信に繋にもなったお米作りでした。

早速、試食をすると、確かに美味しく、食べて貰った方皆さんも「美味しいお米」と好評で、藤岡農園さんも「美しい米で見事だよ!」とお褒め頂きこれで本格的に農家さんの仲間入りが出来たとメンバー喜びと安堵を味わっています。

そんな訳で今年からメンバーで分け合った残りの120キロを自信を持って「天日干しの有機利他村米」として10キロ8,000円で販売をしようと思っています

脱穀作業
籾すりと小石取り作業

台風14号ではぜ掛け(天日干し)の8割が倒れ四苦八苦!

 昨年と同じ「キヌヒカリ」は今年は天候にも恵まれ周囲の農家さんに負けない穂が実りで豊作間違いないと期待ウキウキでした。。

 そして昔ながらのはぜ掛け(天日干し)をしたまでは良かったものの台風14号の風速27メートルに「はぜ掛け」の8割が倒され自然お相手の昔のお百姓さんのご苦労を身にしみて体感した今年の米作りでした。

 さらに次は周囲の農家さんは自然を気にせずにコンバインで刈り取り即脱穀ですが利他村は天日干しでの水分を考慮しながらの昔ながらの刈り取りが待っています。

 しかし、昨年さすが天日干しのお米は美味しいと喜んで頂いた笑顔と「天日干しの健康に良い有機米」つくりは仲間にとって言いようのない充実感と共に作る喜びになっています。

  


風速27m-トルで倒されたはぜ掛け