利他村だより

このエントリーをはてなブックマークに追加
活動やイベント報告です
facebookページもご覧ください

ブログ一覧

田植えの前の田んぼの土おこしからスタ-トです

 昨年本格的に始めた無農薬.無肥料で手作業での汗水ながしての米つくりは、努力の割には周囲の田んぼの7割ぐらいの収穫量に終わりましたが、今年は農家さんから中古の田植え機と脱穀機を譲って貰い、米つくり希望者が中心になって一家族一俵を目標に無農薬はもちろん厳守で、少し有機肥料を使い 田んぼももう一枚増やし挑戦です

 コロナをはじめ世界経済も低迷し、自然災害も多発していますので「食糧危機」も視野におきながら準備はちゃんとしよう仲間で話し合っています

「自給自足による共同体(コミュニティ-)つくりが目標で、自給自足の一丁目一番地は何と言ってもお米つくりですので、今年はまずは周囲の農家さん並みに収穫をあげられるようになるのが目標です


譲り受けた田植え機と脱穀機


 

もち大豆の実取りに苦労!

 初めてのもち大豆収穫量は予想より少ないようでしたが、2月7日と21の二日間まずは米用の脱穀機で「さや」を取りトーミで種(実)を取る始めての作業、湿っていたこともありトーミをかけても「さや」から実が中々とれないなど悪戦苦闘しながらも習うより慣れよで次第にコツもわかるようになり結果はまずまずの収穫になりました。
 後は当初の計画では「もち大豆味噌」の予定でしたが、メンバーに分配して料理方法はそれぞれお任せすることにしました。
 どのような工夫がされるかを楽しみにしています



もち大豆の刈り取り完了しました

「備蓄用のもち大豆味噌」つくりをしようと 始めての「もち大豆」の栽培でしたが植える時期のタイミングが外れたのか、無農薬で肥料なしで栽培したためか実があまり育たず少々がっかりしていましたが、周囲の農家の人から「今年はもち大豆はダメだよ!」とのことばに慰められ、少ない収穫でも「もち大豆味噌」をつくろうと刈り取りを完了しました

収穫後今年度の取り組みについて利他村カントリーハウス内でのミーティングで今年は食の備蓄に「ジャガイモ」を栽培に力を入れようなどと話が弾みました

 

利他村ダーチャに参加の皆さまに!

明けましておめでとうございます

今年のお正月は今までに無い静かなお正月をお過ごしだろうと思います。

 そして、今年は新種コロナの影響で社会も大きく変わり、人々の価値観もライフスタイルも大きく変わり始まる年のように思っています 

 私もメンバーも増えて楽しくなっていたところに思いもしない事実無根の偽情報が「はこぶね」からもたらされ即脱会をしましたが、よく考えると一昨年頃から入院するなど年齢から来る気力の衰えもあり、同じ頃に参加した「はこぶね」との関されわりに期待を持ちすぎた甘さが原因だったと思い至り、これも「天からの導き」と受け止め、人生120年との思いで。今までのライフスタイルと利他村への取り組みを前後裁断する思いで再構築しようと強く思いようになっています。

 もちろん、それは利他村の原点の「自給自足の共創共生の村つくり」に焦点を合わせた再構築で、古い世界が大きく変わり新たに始まる社会に相応しい共同体(コミュニティー)つくりへの再構築です。

 現在の社会で次々と生じる出来事を見ると今までの延長線上に未来がなく、皆さまも試行錯誤しながら自分の新たなライフスタイルを模索し新生できればと思っている方も多いと思っています。

 利他村はそのような新たな世界を思い描く仲間が集い、まずは「危機の時代を」を「半農半X」のライフスタイルを築きながら「自給自足可能なコミュニティー」を創りたいと思っています。

そしてまずは危機を助け合いながら乗り越えた後に新たなに始まる「共創共生の

ビレッジ」のひな形になる「利他村」にすることだと思っています。

 皆さまには、草花が生きよく新生する春までに、今からのライフスタイルを思い巡らせながら、利他村での参加やコミュニティーつくりについて思い巡らせ、ご提案など頂ければと切に願っています。

 皆さまと共に壊れゆく時代の価値観を前後裁断し、新たに始まる時代の価値観にシフトアップして老・荘・青・幼の笑い合う姿の充満するコミュニティーを夢見て歩めればと願っています。

年頭所感(その2)

 トランプ氏の倫理感にかけ特異な手法による国家運営に新たな文明の息吹を見いだすことはできませんが、国民(民)が主権もつ国家主義によるナショナリズムの息吹そのものは古い文明を前後裁断させ新たな文明を生み出す原動力になるように思っています。

 もちろん「国家主義によるナショナリズム」は諸刃の剣で、戦前の軍国主義や民主主義のひな形とも言えるワイマール憲法下でヒトラー独裁国家を生み出した如く「(グローバル)国際主義」も「(ナショナリズム)国家主義」)もどちらも権力機構の支配手段となりうるのは過去の歴史から自明の理と言えます。

 新たな文明がどのような価値観でどのように生まれるかは定かではありませんが、願いを込めて思い描けくとすれば、国々の伝統文化と風土歴史を遺伝子に持つ国民性から生じる国家主義(ナショナリズム)の特異性・特殊性ある国々の主体性を活かし、それを統合した百花繚乱のローバル(国際主義)なワンワールドの世界が生まれればと思っています。

 利他村はそのような未来世界を想定して、大変化の始まりの今年は、過去の取り組みにこだわらずに前後裁断して、まずはコロナ後に生ずる危機への準備として「自給自足による食料の確保」に焦点を合わせ、利他の思いを持つ信頼し合える仲間で「競争から共創へ!」の思いをもって「新たな世界のひな形のようなコミュニティーつくり」に向かって進むことだと思っています。

 ことしは、変化の年と思い、前後裁断し同じような思いをもつ仲間を募り頑張ります
     どうぞよろしくご指導・ご支援頂きますようお願いします